前へ
次へ

離婚裁判は、慎重におこなう必要があります

感情や経済状態が関係する離婚裁判は、慎重におこなうことが大切ですし、法律と照らし合わせて自分に有利か

more

離婚の方法の1つである離婚裁判とは

カップルなどお付き合いしている男女の中には夫婦として過ごす事を約束して結婚しますが、どうしても長く生

more

離婚裁判を行って争う事ができる内容

夫婦として結婚生活をしている場合でも、様々な理由によって離婚を決断する場合も出てきます。離婚する場合

more

離婚裁判の前に知っておきたい事とは

離婚をしたい時に先ず多くの方が検討するのが協議離婚です。協議離婚といわれると少し堅苦しい感じがしますが、夫婦で話し合いをして離婚届を提出する流れの所謂一般的な離婚方法に該当してきます。協議離婚のメリットは費用が殆ど掛からずに離婚ができる点ですが、夫婦で話し合いができて、尚且つ話し合いがまとまった時に離婚できる方法ですから、まだ夫婦の関係が完璧に破綻している訳では無い事が考えられます。協議離婚で別れられなかった夫婦は次のステップとして調停離婚に突入しますが、調停離婚は申立書を提出する必要があり、数千円程度の費用が必要になります。また調停委員の方と夫婦で話し合いをしていき、離婚へ向けた妥協点を探っていきます。夫婦だけでなく調停委員という第三者的な存在が間に入る事で、冷静に会話ができる状態になりますが、慰謝料や養育費等で揉めれば、話がまとまらない可能性が高いです。調停離婚は協議離婚できなかった夫婦が行いますから、ハードルは高く、揉めている内容も深刻なケースが多いので、離婚できないまま終わる事が考えられます。調停離婚でも離婚できなかった夫婦でも諦める必要はなく、離婚裁判で判決として、離婚ができるのかどうかを判断してくれます。離婚裁判に突入するには、訴訟費用を原告側が負担する必要があり、慰謝料の請求額の他に財産分与や養育費を争う場合はその都度費用がプラスされていく仕組みなっています。慰謝料の請求額が増えれば、訴訟費用も増えていくので、初期の段階で数万円程度の費用は用意しておく事が大切です。また訴訟費用以外にも弁護士に依頼をする場合は、数十万円以上の費用が発生してきますから、ある程度の余裕が無いとそもそも裁判を開始するのは難しいです。お金が余裕が無く、相手側だけ弁護士を雇っている場合は、尋問の時等に圧倒的に不利な状態になってしまいますから、勝訴を目指す場合は弁護士を雇うか、法律的な知識を自分で身につける事が重要になります。

コミケ展示作品も多数収録した優良サイト
インターネットで作品が全て楽しめる優良コンテンツです。

シンプルで使い勝手も良い男性との出会いを求められるツール
使いやすいので、パパ活などのお小遣い稼ぎもスムーズにできます。

自分好みのデート相手に出会えるツール
若くて自分好みのデート相手を見つけられるアプリとなっています。

専門のコンシェルジュがアドバイスをしてくれます
マッチングややり取りのコツといった出会いに繋がるアドバイスをします。

Page Top